大がかりな工事がいらず、簡単にリフォームが行えます

水まわり専門の
リフォーム工事

  • メールでのお問い合せはこちら
  • アクセスマップ
  • 家族愛介護応援リフォーム
  • 株式会社山桂のスタッフブログ
  • 株式会社山桂オフィシャルfacebook
水まわりのリフォームでもっとも大切なのは「技術力」です。

トイレリフォーム

施行メリット

大がかりな工事もいらずリフォームも簡単
トイレリフォームは大がかりな工事も必要ないため、リフォームが簡単に行えます。
従来の13リットルタイプのトイレを最新式の節水トイレに替えた場合、4人家族で年間1万円以上の節約ができます。普段どおりに使うだけで節水・節電できるので地球に優しく経済的。
毎日のお手入れも快適に
凸凹が少なくなるため掃除がしやすくなり、面倒なトイレ掃除にかかる時間を大幅に短縮することが可能です。また、最新式のトイレは汚れが付きにくく加工されている他、トイレを流すたびに自動的にトイレを洗浄します。

最新のトイレは、節水、節電技術が進化しています!
実は、家庭で使われる水の第一位は「トイレで使用する水」だと言うことをご存知でしょうか?

トイレ・お風呂・食器洗い・洗濯・掃除というように、家庭で水を使う機会は多いのですが、1日で最も水を使っている場所はどこか、ご存知でしょうか。実は意外にもトイレなのです。
なぜトイレが最も水を使うのかというと、お風呂や台所とは違い、個人で利用するためです。お風呂であれば家族みんなで浴槽のお湯を使うし、台所ならば家族みんなの食器を洗うというわけです。しかし、トイレの場合には一人ひとりが毎回水を流し、共有することができません。また、水を流す回数もほかの場所と比べて多いといえます。

1976年に発売された便器洗浄水の使用量が13リットルの便器です。最新の商品(3.8リットル)では便器洗浄水の使用量は従来の約25%程で済みます。
それを量で換算すると、年間で1台当たり約5万2,000リットルもの節水(※240リットルの浴槽で235杯分)で、約15,000円もお得になります。

しかも、節水だけで無く、お掃除もラクに!

便器は

お掃除のしやすさを究めたTOTO独自のデザイン。
奥までぐるーっとフチがないから、サッとひとふきお掃除ラクラクです。
他のメーカーのトイレも同様に、お掃除しやすい形状へと進化しています!

さらにウォシュレットも

ウォシュレットを便器の形状にあわせることで、ぐるっと奥までひとふきできます。
フチなし便器とあわせて、さらにお手入れが簡単になりました。

施工事例

I様邸レストルームドレッサー

担当からのコメント
タンクレストイレ、レストルームドレッサー、ハイドロセラフロアの施工をさせて頂きました。
高級感のある大変素敵なトイレ空間になりました。

S様邸ウォシュレット交換工事

担当からのコメント
ウォシュレット交換工事を行いました。
以前の物は、便座横に操作部分や貯湯部分がありましたが、リモコンタイプのウォシュレットに取り替えることで全体にスッキリとし、お手入れもしやすくなりました。

U様邸ネオレスト

担当からのコメント
スペースを広く、使いやすく、掃除しやすいトイレをご希望との事でしたので、タンクレストイレへの取替、壁、床のリフォームをおこないました。
タンクが無い分、奥行きが広く使えます。
一緒にトイレ入り口の段差解消工事も施工いたしました。
手摺りなどは既存の物を再利用いたしましたが、床の嵩上げをおこなったため取付位置も調整してのお取り付けをさせて頂きました。
お問い合わせ