確かな技術で安心施工 お客様に笑顔をお届けします!!

水まわり専門の
リフォーム工事

  • メールでのお問い合せはこちら
  • アクセスマップ
  • 家族愛介護応援リフォーム
  • 株式会社山桂のスタッフブログ
  • 株式会社山桂オフィシャルfacebook

豆知識 ★水栓の種類と名称について★

blog

 水栓の交換をご希望されるお客様からの問合せを頂くと、必ず確認させて頂くのが『今お使いの水栓』の種類です。

水栓には種類があって、お湯やお水の配管が壁から出ているものや、デッキ(台の上)から出ているものなどがあります。配管の位置を変えると、工事代金が発生してしまうので、配管を変えずに水栓交換をおこないます。そのために、どんな水栓をお使いなのかを確認します。

また、ハンドル部分がバルブ式の場合は、握力が弱くなったかたには開け閉めが大変なこともあります。その場合はシングルレバーなどの、より使いやすいものをお勧めすることも出来ます。

お使いの水栓がどんなタイプかによって、修理費やお取り替え可能な水栓の種類が違いますし、 水栓の修理やお取り替えをご希望の場合は、お使いの水栓にあわせてご提案をさせて頂きます。
お使いの水栓の種類を教えていただけると、より早い対応ができます。

 

★★水栓の種類と名称について★★

水の出し・止めを行う部品は、「水栓」と呼ばれます。
水栓の役割は、大きくは水の出し止めと、湯と水の流量調節です。
水栓には、用途に応じていくつかの種類があり、種類ごとで交換部品も異なります。
ツーバルブ混合栓をシングルレバー混合栓に取り替えるなど、 水栓そのものを交換することも可能です。

大きく分けると水栓は「壁付」「カウンター付(またはデッキ付)」の違いがあります。
そして、ハンドル部分が「バルブ式」「シングルレバー式」に分かれます。

単水栓とは
水の吐水・止水(水の出し・止め)だけを行う、最もシンプルな水栓(蛇口)です。
吐水・止水をさせる部分は、どのタイプでも「ハンドル」と呼びます。
単水栓にも、横水栓・立水栓・自在水栓などいろいろな種類があります。

★ツーバルブ混合栓
湯と水の「2つのハンドル」で温度と流量を調節する湯水混合栓です。水栓のしくみは、単水栓と同じです。

★シングル混合栓
「ひとつのレバー型ハンドル」で、吐水・止水、湯水量調整・流量調節ができます。
レバーハンドルと連動したカートリッジによって湯水路の開閉を調節するしくみです。

★サーモスタット混合栓
お風呂場などでは、給湯器の給湯温度や水圧が突然変わっても、吐水温度を一定に保つ必要があります。
この水栓は自動温度調節機能が内蔵されていて、給湯器からの湯水を一定温度に保つ機能を持っています。

 

一覧に戻る
お問い合わせ